顎ニキビの治し方を知りたい方はこちら

やっかいな顎ニキビの対処方法がわかりました!

顎(あご)ニキビの治し方

ニキビと言えば、男性も女性も思春期を境に、おでこやフェイスラインや顎(あご)や背中等に出始める皮膚疾患です。

 

しかし最近では、不摂生やストレス、生活習慣の乱れ等により、大人になってからも顔や顎(あご)等にニキビが出てしまう方も多いと言われています。

 

特に、フェイスラインのニキビは目立ってしまいますよね。

 

顔にできてしまったニキビは、無理に潰してしまうと跡が残ってしまいますし、そのまま放っておいても吹き出物の様に赤くなったり、脂肪の塊が飛び出したかの様に突起しているので、見た目が悪いだけでなく、洗顔の時には手のひらに触れて刺激され、ニキビを余計に悪化させてしまいます。

 

男性に至っては、毎日の髭剃りがありますので、皮膚を傷つけてしまうのではないかと、大変気になるかと思います。

 

そして、顔にできるニキビの中でも、特に気になるのが顎(あご)にできるニキビだと思います。
顎(あご)のニキビは口周りにあたりますので、誰かとお話をする時や、食事をする時には大変目立ってしまいます。

 

もし、フェイスラインやあごニキビができてしまった場合、周りからは不健康そうな印象を与えるだけで無く、どことなく皮膚が汚く見えて、不潔っぽい印象まで与えてしまいます。

 

もし、デート前や、大切なイベントの前に顎(あご)にニキビが出現してしまったら…考えただけでもゾッとしますよね。
では突然、顔や顎(あご)にニキビができてしまった場合、早く治す為には一体どうしたらよいのでしょうか。

 

ニキビを早く治す為には、外からのスキンケアだけでは無く、生活習慣の改善や食生活の見直し等、体の内側からもアプローチをしていく必要があります。

 

そして、なぜ顎ニキビができてしまったのか、その要因を突き止める必要があります。

 

 

「いやいや、生活習慣の改善なんて何日もかかっちゃうし・・。」

 

「今すぐあごや顔のニキビを治す方法はないの??」

 

 

という方の為に、私が使って一番効果のあったものを先に紹介しますね。

 

 

あごニキビはこれで治りました。

 

 

それでは、あごや顔にできるニキビの要因についてお伝えします。

 

あごニキビはホルモンバランスの乱れによってできる。

女性には月経だけでなく、妊娠、出産、閉経と大きくホルモンバランスが崩れる時期を迎えます。

 

そういった時期は、ホルモンバランスが崩れ易く、ニキビが出来易い状態になっているのですが、それに付け加えて生活習慣の乱れや、ストレスが重なってしまうと、更にニキビができやすい環境が整ってしまいます。

 

 

顎(あご)ニキビの治し方

まず顎(あご)のニキビを早く完治させるには、そういった側面からも予防を始めなければいけないのです。

 

次に、間違ったスキンケアも顎(あご)のニキビの要因になると言われています。

 

普段はあまり顎(あご)を気にしてスキンケアを行う事は少ないかと思いますが、洗顔の時に、顎(あご)のクレンジングをしっかりと行わないと、メイクの汚れが顎(あご)に蓄積してしまいます。

 

必ず洗顔の際には、摩擦でお肌を傷つけてしまわないように、オイルクレンジング等で汚れをあらかじめ浮かせておいてから、洗顔料や洗顔石鹸を泡立てて、お肌を優しく包み込むようにしながら汚れを丁寧に落としていきましょう。

 

洗顔料を使った後、すすぎの際にも注意が必要です。

 

両手にお水やぬるま湯を溜めて、顎(あご)までしっかりと洗顔する様に心がけます。

 

汚れの混じった洗顔料や石鹸の泡が残らないように、顔に付着した泡を残らずきちんとすすぐだけでも、顎(あご)のニキビができにくくなります。

 

顎(あご)のニキビの要因になるような雑菌の発生を抑えるには、エタノール等による定期的なカミソリの消毒や乾燥、カミソリの刃の交換が必要です。

 

顔や顎(あご)のニキビを防ぐ方法を必ず行った上で、既にできてしまったニキビを早く治すには、洗顔の後のケアも大切になってきます。

 

ニキビ肌は皮脂が余分に出過ぎてしまうことも要因の1つと言われていますが、毛穴の汚れまでしっかりと洗ったつもりでも、オイリー肌の傾向にあるお肌は、皮脂のコントロールが上手く行かず、少し時間が経過するだけで直ぐに毛穴に脂が詰まってしまう場合があります。

 

そういった場合に皮脂がこれ以上浮かない様に、わざと油分を含んでいる乳液を避ける方もおられますが、お肌の水分と油分のバランスがしっかりと整ってこそ、顎(あご)のニキビも早く治す事ができます。

 

顎(あご)ニキビの治し方

まずは、お肌を万全な状態に保つ為に、洗顔の後にお肌のコンディションをニュートラルにする事が重要になってきます。

 

洗顔後の清潔な状態には必ず肌質に合った洗顔料、化粧水、美容液等で、お肌の内部まで潤いを与えるだけでなく、ニキビではタブーと思われがちな油分を乳液やクリーム等で適度に補って、正しいスキンケアを行う必要があるでしょう。

 

洗顔については、あまり過剰に行ってしまうと、元々備わっているお肌のバリア機能も弱まってしまう場合がありますので、早くニキビを治そうと洗い過ぎてしまうのは、余計にニキビが悪化してしまう場合もありますので気をつけましょう。

 

基本的に、朝、夜2回だけでも、しっかりと正しい洗顔を行えば、十分清潔に肌も保つ事はできるのです。

 

顎(あご)のニキビで最も厄介と言われいるのが、悪化してしまうと膿が溜まってしまうパターンのニキビになります。

 

実はニキビができてしまう要因として、アクネ菌と言うものがあるのですが、何らかの理由により、ニキビに炎症が起こると黄色ブドウ球菌と言って、口に入ると食中毒まで起こす強い菌が増殖して、ニキビの状態が更に酷くなってしまいます。

 

それは、一般的に黄色ニキビと言われる状態になりますが、この黄色ニキビは膿にも菌が含まれていますので、気を付けて扱わなければ、ニキビの範囲が広がったり跡が残ってしまう場合もあります。

 

黄色ニキビかできてしまうと、痒みや痛みを伴う事もありますので、どうしても気になってしまうと思いますが、ニキビを触ったり掻いたりするのは勿論の事、どんなに痒くても、突起していても絶対に潰してはいけません。

 

とにかく症状が収まるまではお肌を清潔に保ち、なるべく患部に触れない様に気を付けて、そっとしておくのが黄色ニキビを早く完治させる方法と言えるでしょう。

 

なかなか顎(あご)のニキビを撃退できない場合はどうしたら良いの?

私が顎(あご)のニキビやフェイスラインのニキビで困り果てていた時に出会ったのが、先程にも紹介しました、顎(あご)ニキビ用の医薬部外品『メルライン』です。

 

私は、乾燥肌で敏感肌でもあるのですが、今まで色々なニキビ用ジェルを使用してきましたが、大体の商品は、菌の殺菌や滅菌を目的としている事が多いので、塗った後にチクチク、ヒリヒリしてすごく痛かったのですが、この『メルライン』に出会ってからは、痛みに困ることなく、自然に顎(あご)やフェイスラインのにきびを治すことが出来ました。

 

何故、『メルライン』が顎(あご)ニキビに効果を発揮するかと言いますと、殺菌や滅菌目的に作られているのではなく、保湿重視に作られているから、肌荒れしないのです。

 

ニキビは殺菌ではなく、本来保湿してあげることがケアとして大事ですので、乾燥肌や敏感肌の私にも非常に安心して使用する事ができた顎(あご)やフェイスラインのニキビケア商品です。

 

あごのニキビは、女性に多いと言われている体の冷えや、生理周期によるホルモンバランスの乱れも関係していますので、なるべく普段の生活の中でも、しっかりと睡眠を取り、バランスの良い食事や、ストレスを溜めない生活を心がけて、ニキビに強い体作りに努めていきましょう。

 

顎ニキビを治すアイテムはこちら

もっと顎ニキビの原因を詳しく解説します。

フェイスラインのニキビが出来るのは、顔の皮脂の過剰分泌だけが原因と曖昧な情報しか知らない方が多く、頻繁に洗顔をして、化粧水つけといて、顔がてかったらアブラ取り紙すればいいと、適当な処置をしてしまいがちです。

 

まず、身体もそうですが、顔には無数の毛穴が存在します。その毛穴から汗などが出てきます。
その毛穴の出入り口が角栓という物質で塞がれてしまいます。

 

その塞がれた状態で皮脂が溜まり、炎症を引き起こします。これがニキビです。
その角栓が詰まり、炎症を起こして出来てしまったニキビが悪化してしまうまでに様々な要因があります。

 

その要因を考慮して対策していく事でニキビの予防にもなりますし、治す事も可能なのです。
ニキビは様々な場所に出来ると述べましたが、顔によく出てくるので、

 

顔ニキビの原因や予防方法、治し方について述べたいと思います。

 

ニキビが発生する8つの原因とは

ニキビが発生する原因として八つの原因があると言われています。

 

ストレス、ホルモンバランス、皮脂の過剰分泌、乾燥、毛穴の詰まり、体質遺伝、細菌の増殖、睡眠不足の八つです。

 

それぞれ詳しくお伝えしていきましょう。

 

原因@:ストレス

顎ニキビの治し方を知りたい方はこちら

 

現代はストレス社会と言われています。
ストレス反応を起こす物質を通称ストレッサーと言います。

 

それには心理的ストレッサーと物理的ストレッサーというものに分類されます。
それを過剰に受ける事により、ストレッサーがストレス反応を引き起こします。

 

ストレス反応とは生物にとって危険なものである、その危険に対応できるように身体の機能を昇進させるのです。

 

しかし昇進される事で、副腎皮質から男性ホルモンが分泌されます。
そして興奮を引きこす交感神経が活発になり、ノルアドレナリンが発生します。

 

この二つが肌にとって問題を起こしてしまうのです。それは、この二つが活発になる事で、皮脂の分泌が盛んになってしまいます。

 

つまり、ストレス反応が持続する事で皮脂の分泌は盛んになり、オイリー肌へとなってしまうのです。
男性ホルモンには皮膚を硬くしてしまう作用があり毛穴の開きも悪くなってしまいます。

 

その環境こそが、ニキビの発生へと導いてしまうのです。

 

原因A:ホルモンバランス

顎ニキビの治し方を知りたい方はこちら

 

男性ホルモンはニキビを発生させてしまう環境に陥りやすいのです。
女性ホルモンであるエストロゲンは、美肌ホルモンと言われる美容には欠かせないホルモンです。

 

肌の水分バランスや油分バランスを整えてくれる作用を持ちます。
だからといって、男性ホルモンが少なければ良い、エストロゲンだけ増えれば良いという訳ではありません。

 

エストロゲンが増えてしまえば皮脂の分泌を抑制するあまり乾燥肌へとなってしまいます。
男性にも女性ホルモンが存在し、女性にも男性ホルモンが存在します。

 

この性ホルモンのバランスが崩れてしまう事で、ニキビの発生を予防でき、かつ改善へと導いてくれるのです。

 

原因B:皮脂

顎ニキビの治し方を知りたい方はこちら

 

皮脂の元々の役割は肌の保護です。
皮脂というのは外部からの刺激から保護してくれる役割があります。

 

その為、あまりにも皮脂を落とす事に囚われすぎて、外部刺激を遮断できずに皮膚トラブルを招いてしまう事もあります。

 

結果ニキビの発生に繋がってしまいます。皮脂の分泌には男性ホルモンが関わっていると述べました。
男性ホルモンはストレスで引き起こされるものであるという事も述べました。

 

その為、男性ホルモンが優位になるようなストレスだらけの生活を見直し、皮脂をごっそり落とすような洗顔やケアをしない事で皮膚トラブルを回避できるのです。

 

原因C:乾燥

顎ニキビの治し方を知りたい方はこちら

皮脂がある事でニキビの悪化を招いてしまうという事がご理解できたと思います。
その皮脂を落とすがあまり、乾燥肌になってしまい、また別の肌トラブルを引き起こす事も考えられます。

 

皮脂は肌の保護の役割があります。その皮脂を取り除くとバリア機能が低下し、角栓が出来やすくなるのです。

 

ニキビは毛穴の角栓の詰まりです。角栓が出来やすくなるという事は毛穴の詰まりを引き起こす要因になるという事です。

 

バリア機能が低下する事で、身体は皮膚を守ろうと更に皮脂の分泌を促してしまいます。
肌バリアの低下を招く乾燥がニキビの原因であるのなら、バリア機能を保てば良いのです。

 

その為には徹底的な「保湿ケア」が必要と言えます。
冬が乾燥するから夏はしなくて良いではなく、季節関係なしに保湿ケアをする事でニキビの発生を予防する事が出来るのです。

 

原因D:毛穴のつまりとニキビの発生

顎ニキビの治し方を知りたい方はこちら

 

毛穴のつまりには皮脂の分泌や毛穴の開きが悪い事によるものです。
またそれらには男性ホルモンが関わっている事はご理解できたかと思います。

 

女性の体内にもアンドロゲンといって男性ホルモンは分泌されています。
アンドロゲンはストレスを受ける事で発生します。

 

アンドロゲンの作用で、皮脂の過剰分泌が促進し、毛穴がつまり、白ニキビを発生させてしまいます。

 

原因E:細菌の増殖

顎ニキビの治し方を知りたい方はこちら

 

赤ニキビの原因であるマラセチア菌とアクネ菌という細菌が関係しています。
マラセチア菌です。

 

マラセチア菌は、顔ではなく背中や腕、肩などの身体にニキビを発生させてしまう菌です。
マラセチア菌は真菌というカビの一種なのです。顔ニキビと違って、自然治癒の可能性が低いです。

 

その反面、医療機関で治療を行えば、比較的早く治るのが特徴です。
抗真菌薬などの塗り薬を処方されるでしょう。
マラセチア菌は常在菌の一種なので誰にでもいます。

 

この菌は湿気や皮脂を好むので、身体を清潔に保つ事が予防と言えます。
そしてCMなどでも良く聞くアクネ菌ですが、このアクネ菌も常在菌の一種なのです。

 

アクネ菌は、空気が入らずに、油分の多い所を好みます。その為、皮脂が詰まっている毛穴付近に住み着くのです。

 

この菌は人間の身体に住み着く細菌で多く、完全にゼロにする事は不可能とされています。
その為、アクネ菌が増殖しないような環境を作る必要があります。

 

アクネ菌には善玉、悪玉が存在するとされています。
善玉アクネ菌を増やすような皮膚環境を作る事で顔ニキビの増殖は予防できるといっても過言ではありません。

 

もし仮にニキビが出来てしまっても悪化予防する方法はあります。

 

炎症とは過酸化脂質といって脂質が多くなってしまっている場合ですので、抗酸化作用のあるビタミンを摂取したり、それらが配合されている化粧水等を使用するのです。

 

使用する事により、酸化される前の脂質を排除する事ができます。

 

原因F:体質遺伝

顎ニキビの治し方を知りたい方はこちら

 

両親がニキビなどの肌トラブルを抱えている事で、自身もニキビになるかと言われたとしても、そうではありません。
あくまでニキビになりやすい体質であるという事は間違いありません。

 

例えば、代謝機能が弱いや、皮脂の分泌量が多いなどです。

 

両親がニキビなどがあり、自分もそうなると決め付けるのではなく、自身に対して注意する事ができれば、ニキビ発生を予防できると言えます。

 

原因G:睡眠不足

顎ニキビの治し方を知りたい方はこちら

 

お肌のゴールデンタイムというのを聞いた事があると思います。
それは睡眠によってダメージを受けた肌の修復をはかるので、そう言われています。

 

睡眠不足の時、イライラしてストレスが溜まっていませんでしたか?

 

ストレスとは男性ホルモンを活発にし、皮脂の分泌を促す事に繋がるので、結果、肌バリアの低下と皮膚トラブルを起こしてしまうのです。

 

また深い睡眠であるノンレム睡眠をしっかり摂る事で、身体の新陳代謝を上げる事が出来るのです。
そうする事で肌の再生が行われやすい生活リズムが出来てくるのです。

 

原因から見えてくるケアの方法として、しっかり睡眠を摂る事も含め、
ノンストレスの生活を送るよう努力する事が最優先と言えます。そして清潔な肌を保つ事です。

 

しかし、現代社会では碌に睡眠も摂れず、ストレス社会と言われているので、ノンストレスの生活を少し難しいように思います。
その場合、抗酸化作用のある食事や化粧品にも拘ってみると良いかもしれません。

 

 

鼻やおでこは何となく原因は分かるものの、顎(あご)は通常汗をかきにくいですし、内側だけが原因ではないのではと、疑問も多く残るのが顎(あご)ニキビです。

 

治し方も鼻やおでこのニキビと同様に行っても治らなかったりとやっかいです。
顎(あご)ニキビの原因としてあげられるのが、男性は髭剃りなどがあげられます。

 

毎日行う髭剃りは男性にとって身だしなみです。

 

何故髭剃りで顎(あご)ニキビが出来るかというと、髭剃りによって皮膚の少なからずダメージを与えてしまい、その刺激から顎(あご)ニキビが出来てしまうのです。

 

女性は生理前などのホルモンバランスの乱れなどです。
また子宮内膜症や生理不順などの婦人科系の疾患が原因である事もあります。

 

また女性は長時間のファンデーションなどでそこに含まれる油分と皮脂との相乗効果によって、顎(あご)ニキビが出来やすくなっているのです。

 

その他に、顎ニキビはこんな事にも注意が必要です。

顎(あご)ニキビの原因は、本来便で排出されるはずの排泄物が残り、ニキビとして現れる事もあります。

 

そこで顎(あご)ニキビを治す為の効果的な成分として、「保湿成分」、ビタミンC誘導体」、「AHAなどのピーリング成分」が良いとされています。

 

顎(あご)ニキビは思春期ニキビと違い、油分を洗い落とすだけでは効果がないのです。
しっかり落としつつ保湿する事が重要なカギとなります。

 

ビタミンCには抗炎症作用と皮脂分泌を抑制する働きがあるのでニキビ対策には必要な成分なのです。
そしてピーリング成分ですが、古くなった角質を剥がす効果があり、毛穴が詰まりにくくなる効果があるのです。

 

これらの三つの成分が入っている事が重要です。

 

顎ニキビに効果がある噂のニキビクリームとは?

顎ニキビの治し方を知りたい方はこちら

 

前述したニキビを治す成分がしっかりと配合されているのが、「メルライン」です。
徹底された保湿成分が多く、その量は全10種類もあります。

 

また新しい皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーに乱れが出ないように、肌サイクルや肌のバランスを整えてくれます。

 

それに加え、ストレスに良いとされる癒し効果のあるティートリーというアロマ成分も配合されています。

 

深いリラックス効果を得られるのです。

 

女性には嬉しい美白成分やコラーゲンも含まれており、顎(あご)ニキビを治すと共に、女性としての美を追求する事も出来るのです。

 

数々のニキビ対策の化粧品が出ていますが、『メルライン』には沢山の口コミ等あるので、上記の原因を踏まえ、自身の生活を見直す事と化粧品にも拘ってみる事で、顎(あご)ニキビを悪化させる事なく、治す事が出来て、かつ綺麗な肌が手に入ります。

 

 

顎ニキビをしっかりと治す!

繰り返すニキビに悩んでいる方必見

▼▼メルライン公式ページはこちら▼▼

http://www.real-beautycare.com/

 

 

その他にも「顎ニキビ」に効くアイテムがあります。
こちらもご覧下さい♪

顎ニキビに効果的なアイテムBEST3

 

メルラインの特徴

【日本で一番売れている、あごニキビ薬用化粧品】
7つのこだわりがあります!

  • 10種類の徹底保湿成分を高濃度配合
  • 独自抽出ビオカタライザープラセンタを配合
  • あごの黒ずみをケアする成分を配合
  • 赤ちゃん肌にする3つのケア成分を配合
  • 敏感肌の方にも安心の5つの無添加
  • フェイスラインの引締めをサポート
  • アロマオイル配合で心もリフレッシュ

価格 4480円
評価 評価5
備考 送料・手数料無料 180日間返金保証付
メルラインの総評

メルラインはモニター調査で満足度91.3%を達成した、あごやフェイスラインのニキビ専用クリームです。 販売個数は累計10万個を突破し、名実共に日本一売れているニキビケアクリームです。 あのスキンケア大学にも掲載された信頼性の高いニキビケアクリームです。 もっと詳しく知りたい方は、「公式サイト」をクリックして下さいね♪

 
 

パルクレールジェルの特徴

【あごや背中ニキビに効果的なオールインワンジェル】
パルクレールジェルの6つのポイントはこちら

  • 2大有効成分を高濃度W配合
  • 美容成分98.8%の高配合ニキビジェル
  • 無添加ニキビジェル
  • 簡単10秒ニキビ消し
  • 業界初の永久返金保証書付き
  • コンシェルジュのお客様サポート付き

価格 4980円
評価 評価5
備考 送料無料 永久返金保証書付
パルクレールジェルの総評

パルクレールジェルは、8つの役割が一つになったニキビオールインワンジェルです。 「ニキビケア」「化粧水」「美容液」「乳液」「化粧下地」「マッサージジェル」「パック」「クリーム」 これだけの役割をこなし、さらに美白効果もあるジェルです。 特に、永久保証書付きとコンシェルジュ付きは、他の商品には無い特長です。 詳しくは公式サイトをご覧下さい♪

 
 

ノブACアクティブトライアルセットの特徴

《ノブACアクティブ》3つの人気の秘密!

  1. にきび肌用スキンケアなのにカサカサしない保湿力
  2. 毛穴汚れもくすみもスッキリ!マイルドピーリング
  3. 臨床皮膚医学に基づいて考えたニキビ肌ケア

価格 1500円
評価 評価4
備考 送料無料 なくなり次第終了
ノブACアクティブトライアルセットの総評

ノブACアクティブは、にきび女子に選ばれています。なんとリピート率は98.8%! にきびになりにくい処方と高い安全性へのこだわりが特長の美白もできるニキビケア商品です。 詳しくは公式サイトをご覧下さい♪

 

繰り返す出来る顎ニキビの対処法とは。

 

前述したとおり、お顔に出来てしまうニキビの中でも、治りにくく厄介なのが「顎(あご)ニキビ」です。
ニキビは対処方法を間違えてしまうと、同じ場所に繰り返して出来てしまいます。

 

顎(あご)ニキビは他の部位と比べても、繰り返して出来やすい事から対処はしっかりと行わなくてはいけません。

 

ケアの仕方を間違ってしまうと繰り返して出来てしまう他、ニキビの跡が顔に残ってしまいやすくなります。

 

皮膚科などクリニックに行って治療を行う事も出来ますが、まずは自宅で出来るケアについてまとめていきたいと思います。

 

まずはどうして顎(あご)ニキビが出来てしまうのでしょうか?

 

原因として「ホルモンバランスの乱れ」があります。

 

スキンケアやお肌に直接の治療を施すのも大切ですが、生活習慣を改善するのがまずは治療する為の第一歩という事になります。

 

女性の体というのは性周期があり、その周期に合わせてホルモンバランスが変化していきます。

 

ストレスの影響も非常に大きくて、過度のストレスを感じるとホルモンバランスに乱れが生じてしまいやすいです。

 

もちろん生活を送っていく中で、ストレスを完全に無くすというのは不可能に近いですが、上手く発散するようにしましょう。

 

他に睡眠不足、暴飲暴食によってお肌の調子が変化しやすいです。

 

なるべく規則正しい生活を心がけて、栄養バランスの取れた食生活を取りましょう。

 

 

スキンケアの見直し

生活習慣がお肌に大きな影響を与えていますから、まずはそこを改善したら次にご自身のスキンケアについて見直してみましょう。

 

スキンケアはお肌の調子を整える為に行うものですが、間違ったスキンケアではお肌の調子を悪化させてしまいます。

 

クレンジングや洗顔の時はどうでしょう?

 

洗顔料をしっかりと洗い落とさないと、洗顔料が毛穴に詰まってしまう事によってニキビが出来てしまう原因になります。

 

日頃から化粧をしっかりと落とし、なおかつ皮脂などの汚れも丁寧に落とす必要があります。

 

しかし、肌にとって摩擦は大敵なので優しく泡で洗い落としましょう。

 

洗顔後には化粧水と乳液で保湿を心がけるのも大切です。

 

生活習慣を改善すると体の内側から状態は変化していきますから、スキンケアの方法を改善していく事で更に顎(あご)ニキビをなくせるようになります。

 

顎(あご)ニキビの原因

そもそもお顔の各部位の中でも、顎(あご)はニキビが出来づらい場所です。

 

おでこや頬や鼻に比べても皮脂の発生が少ないのです。

 

そんなニキビになりづらい場所にニキビが発生してしまう理由は、外的な要因より体の内側に原因が潜んでいる事が多いです。

 

口の周りや顎(あご)などにニキビが出来る時には、体内環境からの影響を受けてしまっている時です。

 

  1. ストレスを過度に感じてしまっている時
  2. 肉や揚げ物など脂っこい物を中心に食べている時
  3. 睡眠不足、昼夜逆転など生活の乱れている時
  4. 内臓がダメージを受けている時

 

以上が顎(あご)ニキビになってしまう原因になるものです。見てみると分かると思いますが、明らかに体の内側から影響を受けていますよね。

 

顎(あご)ニキビの治し方として重要になってくるのは、やはり生活習慣の改善です。

 

 

ストレス

顎(あご)ニキビのみならず、ニキビの原因になるストレス。

 

どうしてストレスがニキビにいけないのでしょうか。

 

体にストレスが掛かる事によって、ホルモンバランスに乱れが生じて皮脂の分泌量を調整する事が出来なくなるからです。

 

様々な病気の要因にもなってしまうストレスなので、しっかりとストレスを上手に発散出来るようにしましょう。

 

食生活

食生活の乱れはニキビや吹き出物が出来てしまう原因になってしまいます。

 

お肉や揚げ物といった脂っこい物が好きでいつも食べているという方は皮脂の分泌量が増えてしまい、ニキビや吹き出物が出来やすくなります。

 

食生活が乱れると便秘や下痢といった症状が起きてしまいますが、そういった内臓にダメージが加わる事でも顎(あご)ニキビは出来やすくなります。

 

ニキビというのは恐らく皆様が考えているよりも、様々な要因で出来てしまいますから普段から生活習慣の乱れに注意する必要があるのです。

 

男性と女性それぞれ特有の原因がある

ニキビが出来てしまう原因に生活習慣が大きく関わっていますが、それ以外にも男性なら男性、女性なら女性特有の原因というのも存在します。

 

男性の場合には「ひげ剃り」が原因となっている場合があります。

 

ひげ剃りをする時に綺麗に剃ろうとするあまり、力を入れすぎてはいけません。

 

力を入れすぎると肌を傷つけやすく、肌も荒れやすくなってしまいます。

 

使うカミソリにも注意が必要で、汚れていたりさびている状態のまま使用しては傷付けてしまった肌に雑菌が入り込んでしまいます。

 

カミソリも定期的に刃を交換する必要があります。

 

シェービングジェルを使用して肌への刺激をなるべく抑えるようにして、力を入れすぎないようにしましょう。

 

女性の場合には「月経前症候群」が影響している場合があります。

 

普段は吹き出物やニキビ自体そんなに出たりしないのに、生理が近くなるとニキビが出来てしまう方。

 

それは月経前症候群が原因かもしれません。

 

月経前症候群が原因のニキビとなると、普通のケアでは改善されない可能性があります。

 

ホルモンバランスの乱れから生じているニキビなら、顎(あご)ニキビ用ジェルを服用してホルモンバランスを整えると改善出来ます。

 

このように男性と女性では顎(あご)ニキビが出来てしまう原因は違います。

 

顎(あご)ニキビ自体は体の内側が原因になっている事が多いですが、その場合には肌の状態を整える為に外から何をやっても上手く効果が表れません。

 

生活習慣を改善する以外にもホルモンバランスの乱れを整える必要もあります。

 

顎(あご)ニキビ用ジェルも効果的

以上のように様々な原因に応じて、体内から環境改善を行う必要があります。

 

ところが、生活習慣を改善してスキンケアを見直してもそう簡単に治らない場合もあります。

 

そういう場合には、顎(あご)ニキビ用ジェルの利用も効果的です。

 

メルラインという顎(あご)ニキビ用ジェルには、10種類もの保湿成分が配合されています。

 

たっぷり配合された保湿成分によってお肌を乾燥から守り、抜群の浸透力によってお肌の状態を改善へと導きます。

 

メルラインには「ビオカタライザープラセンタ」という成分が配合されています。

 

普通のプラセンタにもお肌にとても良い効果があるのは、ご存知かと思いますがこのビオカタライザープラセンタは、純度も高く高濃度です。

 

独自の抽出方法を行っているからこそ実現出来た高濃度のエキスを配合しているのです。

 

メルラインは顎(あご)ニキビを改善に導く以外にも、美白効果まであります。

 

普段スキンケアになかなか力が入れられない、時間がないという女性の強い味方です。

 

顎(あご)ニキビを改善する以外にも、お肌に良い成分が配合されているなら使いたくなりますよね。

 

お肌にハリを与えてくれる水溶性コラーゲンも配合されており、紫外線によって減ってしまうコラーゲンを補給してくれます。

 

しかも、メルラインは着色料や合成香料、石油成分などは一切使用していません。

 

お肌に対してのダメージは完全に0。お肌が弱い方であっても安心して使用出来ます。

 

お肌にとって良い成分がたっぷりと配合されており、肌にとって必要のない成分は徹底的に排除しています。

 

生活習慣、スキンケアを改善してもなお顎(あご)ニキビが治らない、または繰り返して出来てしまう。

 

そんな方にメルラインは効果的です。

 

普段の生活の改善プラス、顎(あご)ニキビ用ジェルを利用する事で、顎(あご)ニキビを確実に改善する事が可能になります。

 

体の内側からお肌に良い成分をたっぷりと補う事が出来て、肌の状態そのものを改善していきます。

 

治りにくく悩まれている方は、顎(あご)ニキビ用ジェルを利用するのも、良い方法ではないでしょうか?